2013年に登場するSoCの性能比較

CES2013で発表されたスマートフォン・タブレット向けSoCの性能を比較しました。

一部2012年発表のものもありますが、量産が2013年ということで許してください。

【おわび】

ARMのGPUである”Mali”が全部”Mail”になっています。誤表記です。暇なときに直します。

Tegra4

Snapdragon 800

Exynos 5450

K3U3

MT6589

Temash

Atom Z2580

メーカー

NVIDIA

Qualcomm

Samsung

Huawei

MediaTek

AMD

Intel

製造

TSMC 28nm HPM

TSMC 28nm HPM

Samsung 28nm

TSMC 28nm

28nm

Intel 32nm SoC

CPU命令セット

ARMv7

ARMv7

ARMv7

ARMv7

ARMv7

x86

x86

FPU命令セット

VFPv4

VFPv4

VFP4

VFPv4

VFPv4

AVX

SSSE3

CPU

Cortex-A15

Krait 400

Cortex-A15

Cortex-A15

Cortex-A7

Jaguar

Clover Trail+

命令スケジューリング

OoO

OoO

OoO

OoO

In Order

OoO

In Order

IPC

3

3(4issue)

3

3

2

2

CPUコア数

4

4

4

4

4

4

2(論理4

電力抑制コア

1

4Cortex-A7

0

0

0

CPU標準周波数

1.2GHz

1.3GHz

CPU最高周波数

2.1GHz

1.8GHz

1.5GHz

NA

1.8GHz

FPU SIMD

128bit

128bit

128bit

128bit

64bit

128bit

CPU L0キャッシュ

NA

4kB+4kB

1way+1way

NA

NA

NA

NA

NA

L1キャッシュ

32kB+32kB

2way+2way

16kB+16kB

4way+4way

32kB+32kB

2way+2way

32kB+32kB

2way+2way

32kB+32kB

2way+4way

32kB(I)+24kB(D)

8way+6way

CPU L2キャッシュ

8way

2MB

8way

2MB

16way

16way

1MB

8way

2MB

1MB

8way

メモリ

LPDDR2

LPDDR3

DDR3L

LPDDR3-1600 (800MHz)

LPDDR3-1600

DDR3-1600

LPDDR

LPDDR2

DDR3L-1066

DDR3U-1066

メモリバス

64bit

64bit

64bit

64bit

64bit

64bit

メモリ帯域

12.8GB/s

12.8GB/s

17.1GB/s

GPU

ULP GeForce

Adreno 330

Mail-T678

Vivante?

PowerVR SGX544

Radeon

PowerVR SGX 544

GPUコア数

72

コアの概念なし

16?

1

2

ユニファイドシェーダ

No

24V48P

Yes

Yes

Yes?

Yes

Yes

Yes

レンダリング方式

IMR

TBR/IMR(切り替え)

TBR

TBDR

IMR

TBDR

Direct3D機能レベル

9 level1

9 level3

9 level3

9 level3

11.1

9 level3

OpenGL ES

(「我々は最良の選択をした」)

3.0

3.0

2.0

2.0

OpenCL

1.2

1.1 FP

NA

NA

GPU周波数

320MHz

533MHz

動画デコード

1440p

30fps@4K

30fps@1080p

動画エンコード

1440p

30fps@4K

30fps@1080p

VP8コーデック

対応

ネットワーク

LTE

IEEE 802.11n

i500外付け)

LTE

IEEE 802.11ac

Bluetooth 3.1

(内蔵)

3G

3G

IEEE 802.11n

Bluetooth

MT6628外付け)

LTE

XMM7160外付け?)

SoC TDP

5.9W

【補足】

?マークつきの記載は予測です。基本的に1世代前のものを参考にしています。NAはNot Available(非対応)の略です。OoOはOut-of-Orderの略です。

Huawei K3V3は自信がありません。K3V2についてはGPUは16コアという公式情報しかありませんが、Huawei D2-5000のGLBenchmarkのGL_EXTENSIONSにGL_VIV_timestampやGL_VIV_shader_binaryがあることからVivante GC4000であると考えられ(インチキな数え方をしない限り16コアと言っている時点でVivanteしかありえないのですが)、K3V3は同等かその後継GPUを搭載するはずだと考えて記入しました。

MediaTekのGPUのコア数・クロックは、画像検索で頂点55M/s・ピクセル1600M/sと書いてあったので、1コア時の性能(32M/s・1000M/s@200MHz)から計算して求めました。

Cortex-A15 SoCの設計中止がほぼ決まったTIとルネサスエレクトロニクスに黙祷。あとは中華SoCがどこまで出てくるか。

【追記】

しまった、中華SoCのRockchip RK3188を書き忘れた。

4core Cortex-A9 1.8-2.0?GHz Mail-400(4core, 500?/533?MHz) OpenGLES2.0 60fps@1080p(decode) 30fps@1080p(encode) VP8 suport 28nm HKMG(TSMC 28nm HPM?) 4G

【追記2】

Allwinner A10/A13の後続品も発表されているらしい(いつの間に?)。下のWikiが詳しい。

Allwinner A31 4core Cortex-A7 1.0GHz? L2 1MB LPDDR2/DDR3/DDR3L 64bit PowerVR SGX544MP2(OpenGL ES 2.0, OpenCL 1.x, Direct3D 9level3) 30fps@2160p(decode) 60fps@1080p(encode) TSMC 40nm

Allwinner A20 2core Cortex-A7 L2 512kB LDDR2/DDR3/DDR3L 32bit? Mail-400(2core) 2160p(decode) 60fps@1080p(encode) TSMC 40nm

Allwinner A10s 1core Cortex-A8 L2 256kB DDR2/DDR3 16/32bit Mail-400(1core) 30fps@1080p(decode/encode) VP6/VP8 support TSMC 40?/55?nm

参考:AllWinner Publishes A31 and A20 Processors Details

【あわせてよみたい】

中華padで使われるCPUのメモ 2012/05/08版

【情報源】

Google先生の検索トップ20(公式発表前の予測は除外)

日本語・英語Wikipedia(うさんくさい情報は主観で除外)

PC watch、4gamer、engadget、AnandTech、Tom’s hardwareなどのニュースサイト

ARM Cortex-A15 – 7-cpu

Cortex-A15 MPCore Technical Reference Manual – Components of the processor

その他たくさん

【さいごに】

論文やばい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中