HLSLで浮動小数点数のアトミック演算

Direct3D 11のシェーダでバッファや共有メモリに対してアトミック演算を行うことがありますが、HLSLのAtomic演算(Interlocked関数)はuintかint型を対象としていて、floatには対応していません。今回は、無理やりInterlocked関数を使って浮動小数点数の比較を行ってみました。

続きを読む

広告