Windows 10でDirect3Dのデバッグランタイムをインストールする方法

Windows 10でD3D11_CREATE_DEVICE_DEBUGフラグを指定してD3D11CreateDevice()を呼び出したところ、HRESULT 0x887a002dを返して失敗しました。

ログにはこんなメッセージが出ていました。

D3D11CreateDevice: Flags (0x2) were specified which require the D3D11 SDK Layers for Windows 10, but they are not present on the system.
These flags must be removed, or the Windows 10 SDK must be installed.
Flags include: D3D11_CREATE_DEVICE_DEBUG

“Graphics Tools”というのをインストールすれば良いらしいので、手順をメモしておきます。


  1. Windowsボタン -> 設定
  2. システム
  3. アプリと機能
  4. オプション機能の管理
    graphics_tools_1
  5. 機能の追加
    graphics_tools_2
  6. グラフィックスツール -> インストール
    graphics_tools_3

これでデバッグ版ランタイムを指定してデバイスを作成することができます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中